亜美の惨

これでも受験生。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

くごぉー

Author:くごぉー
Team-SGI

太鼓 AC6~
SN:くごぉー
全良3曲。
連打最高:38打/秒

ドラマニ 
CN:U.NA-SGI
V8)SP:12**.**
XG2)SP:66**.**

ポップン CN:ゆうなちゃん
最高クリア:42
最高フルコン:37
安定クリア:37

  • template by syokuyou-mogura
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • どうも。


    1週間ぶりのくごぉーです。
    お元気してたでしょうか?

    模試が終わったら地区予選とか、しんどいです。
    期間が1ヶ月だそうなので・・・あー早く勝ちたいな。


    使用デッキ:赤青緑GENJI
    201101232158001.jpg
    暗い・・・

    クリーチャー19枚
    3×青銅の鎧
    2×封魔バルゾー
    3×ボルシャック・大和・ドラゴン
    4×爆竜GENJI・XX
    4×アクア・サーファー
    3×火焔タイガーグレンオー

    呪文21枚
    4×フェアリー・ライフ
    2×シークレット・クロックタワー
    1×ザ・ストロング・スパイラル
    4×エナジー・ライト
    3×リーフストーム・ドラップ
    2×超次元ボルシャック・ホール
    3×超次元フェアリー・ホール
    2×超次元エナジー・ホール

    サイキック8枚
    1×時空の侍ボルメテウス・若武者・ドラゴン/戦国の覚醒者メビウス・武者・ドラゴン
    2×時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
    2×時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン
    3×時空の英雄アンタッチャブル/変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード


    デッキ
    変更前のデッキGENJIビート
    PS対応させました。エリアもこれで出場する予定です。

    主な変更点はドロー枠、ブースト枠です。
    このタイプのデッキだと、1つ目に上がりそうなドローカードは、
    《未来設計図》ですよね。しかし、このデッキには1枚も入れていません。
    代わりに《フェアリー・ライフ》を採用しました。
    理由は簡単ですね。早く6マナに繋げたいからです。
    4ターン目に6マナがある状況だと、それからすごく動きやすいのです。
    《爆竜GENJI・XX》《ボルシャック・大和・ドラゴン》
    と、いったこのデッキのフィニッシャーに繋げられますし、
    《超次元フェアリー・ホール》からの2コスト呪文など、
    序盤から選択肢が増えるのが《フェアリー・ライフ》の最大の魅力です。
    《ボルシャック・大和・ドラゴン》について、
    《爆竜GENJI・XX》の登場により、かなり影が薄くなりましたが、
    《威牙の幻ハンゾウ》が制限になった今、使うべきカードだと思います。
    GENJIに比べると、能力は少々劣りますが、
    「6コスト・Wブレイカー・スピード・アタッカー」は強力です。

    流行のデッキに対応するため、除去カードがたくさん積んであります。
    4コストの除去カードを入れることによって、
    自分が後攻時の4ターンチャクラなどを返すことができます。
    自分が後攻時の黒緑などの速攻デッキにも対応するために、
    タイガーグレンオーは3枚積みになっています。
    トリガークリーチャーを入れることによって、
    次のターンの殴り返しを狙います。


    サイキッククリーチャー
    「2コストを2体出す」と言うよりは、「7コストを出す」って感じですね。
    若武者は、無理に出さなくても、アンタッチャブル2体の方が強いですかね^^;
    バウンス耐性を持つセツダンがWブレイカーと言う点も注目したいです。
    メビウスよりは、若武者な感じです。
    ヤヌスも入れたいですが、スペースがないので不採用でした。


    大会レポート
    参加者:30人


    1回戦、対赤青緑GENJI
    ミラーマッチ。相手はPS非対応のもの。
    先攻取られて、泣きそうになったけど、相手の引きに助けられた感じ。
    こちらはライフ→青銅→ボル穴と完璧に回った。

    途中タイガー踏んで巻き返されたけど、こちらもタイガーで一掃。
    最後も手札に除去カード残しつつ落ち着いて勝てた。


    2回戦、対赤緑ドラゴン
    なんか、相手のデッキ厚いなって思って数えたら42枚だった(笑)
    ジャッジが甘かったので2枚抜いて続行。
    小さいのが俺の手札とかバラしてきたりして、
    結構イライラしながらやってた気がする。

    危なげなく押し切って勝ち。


    3回戦、対青白マーシャルアルメ
    ここで、苦手なデッキが登場。
    「ヘブンズゲートを踏んだら、俺がヘブンに行ってしまうな」とか考えながらやってた。
    これは、相手の事故に助けられて勝ったかな?って感じ。
    ヘブンズゲートを踏むも、アルメリックしか出てこなかった。


    準決勝、対赤白緑GENJI
    「あと2勝」と焦りすぎたのが敗因。
    初めはこっちが押していたが、4枚もトリガー埋まってた。
    制圧され、「トリガー頼みかな」って思ってた。
    確かにトリガーは引いたが、痛いプレイングミスで負け。

    ここまできたのにもったいないことをした・・・


    3位決定戦、対黒緑墓地進化速攻
    頭の中が準決勝のことばかりだったので、内容は覚えてない。
    適当にやってたら勝ってた。



    結果
    優勝:ドロマ超次元
    準優勝:赤白緑GENJI
    3位:赤青緑GENJI@くごぉー
    4位:黒緑墓地進化速攻


    プレイングミスで負けると言うのが少ないので、
    この負けはかなり悔しいものになった。

    来週は取りたいな。
    早く安心して音ゲーがやりたいです(笑)


    では、
    また、春に会いましょう

スポンサーサイト

2011/01/23/ 23:29 デッキ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

  • どうも。

    お久しぶりのくごぉーです。
    みなさん、お元気してましたか?

    最近はデュエマオンリーな気がしますよ(笑)
    しかし、音ゲーも結構頑張ってしてます。
    ポップンしか収穫ないけど・・・(́◉◞౪◟◉)



    使用デッキ:ドロマ超次元

    201101152312000 (1)

    クリーチャー13枚
    4×天雷の導士アヴァラルド公
    1×光牙忍ハヤブサマル
    3×王機聖者ミル・アーマ
    2×魔光王機デ・バウラ伯
    1×腐敗聖者ベガ
    2×アクア・サーファー

    呪文25枚
    3×ゴースト・タッチ
    1×マインド・リセット
    1×スパイラル・ゲート
    2×シークレット・クロックタワー
    1×ロジック・スパーク
    3×エナジー・ライト
    1×魂と記憶の盾
    3×陰謀と計略の手
    4×超次元ドラヴィタ・ホール
    3×超次元ミカド・ホール
    1×超次元バイス・ホール
    1×デーモン・ハンド
    1×英知と追撃の宝剣

    城2枚
    2×ローズ・キャッスル

    サイキック8枚
    1×時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
    1×時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター
    2×時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ
    1×時空の精圧ドラヴィタ/龍圧の覚醒者ヴァーミリオン・ドラヴィタ
    2×時空の踊り子マティーニ/舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ
    1×時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン


    デッキ
    変更前のデッキドロマ超次元

    新レギュレーションは地味に痛かったです^^;
    主な変更点はハンデスドロマ気味にしてみたこと。
    同系のデッキを崩すためにはやはりハンデスしかないわけで。
    ジェニーも入れていましたが、アヴァラルドの効率を考えると、
    抜かなければならなかったのですね。
    しかし、ここでジェニーの強みでもある「相手の手札を見る」がなくなってしまいました。
    ここで登場したのが、《マインド・リセット》
    「相手の手札を見て、呪文を1枚捨てさせる」という効果です。
    1枚積みですが、初手で来るとこれほど強力なものはないです。
    自分が先攻だと、相手の「2ターン目フェアリーライフ」を止めることが可能です。
    中盤で使っても、相手の超次元呪文を落としたり、手札を見れたりして優秀です。
    ハンデス云々よりも、序盤を大事にした設計になっております。
    この結果、《トリプル・ブレイン》が入れてありません。
    5ターン目は超次元呪文を使いたいですしね^^

    他の変更点は《腐敗聖者ベガ》《英知と追撃の宝剣》の投入。
    ベガについては、シールド1枚追加と1枚ハンデスと言った効果。
    シールド追加効果はチャクラなどとも相性がいいです。
    しかし、現環境のドロマ超次元にはあまり入らないそうで・・・
    宝剣は主に同系や《クイーン・アルカディアス》用です。
    こちらもあまり入ってないそうですね・・・強いと思うんですがね。
    よく、1:4の交換と言われますが、
    実際には相手の手札が2枚増えるので、ハンデスドロマからすると敵になります。
    しかし、すべてのデッキにおいて、選択で相手の場から2体を消せる能力は素晴らしいものです。
    が、マナゾーンから何を戻すかで相手に思わぬアドバンテージを与えてしまうかも知れません。
    これが注意点ですね。


    サイキッククリーチャー
    キルをスヴァに変えたいですね^^;
    今のところ、これで十分だと思っています。
    相手が攻めて来ないようならば、「序盤からチャクラを並べる」も手ですが、
    「相手の手札を枯らしてからディアスで殴っていく」の方がメインです。
    自分は、覚醒時の効果よりも覚醒前の効果のほうが好きですね。
    ドラヴィタはビート用に一応。ランブルは優秀なT・ブレイカーですね。


    大会レポート
    参加者:13人


    1回戦、対ヴァルディビート
    ドロマカラーには無敗だったみたいなので、
    黒星をつけてやりたいところでした。

    序盤は小型で押される。
    トリガーサーファーまではよかったけれど、それ以外はダメダメ。
    しかし、相打ち策などで耐える。ここで活躍したのがベガ。
    《魂と記憶の盾》を回収などを使って2回使って、
    終盤にディアスで殴るための安全なシールドを作ったのがポイント。
    得意の逆転劇でした(笑)


    2回戦、シード
    「黒緑とは当たりたくないなー」って思ってました。


    準決勝、対Bロマ
    初手事故アウチ(笑)
    しかし、制限対応Bロマの動きの遅さに助けられたり。
    「ヴィルジニアって偉大だなー」って思いました。
    5ターン目にサインギャラクシー。正直、終わったと思った。
    途中、何故かギャラクシーで殴ってきました。
    殴られてなかったら負けてましたはい。
    殴ってきたとき、思わずガッツポーズしましたね(笑)
    次のターンにシールドフォース消す。
    ここからはいつものパターン。
    手札枯らしてからディアス展開。そのまま押して勝ち。


    決勝、対黒緑墓地進化速攻
    Mロマノフ消えたからと言ってエンフォーサー抜いたのが間違いだったかな。
    速攻に弱いという弱点を発見しました。これからの課題ですね。


    結果:準優勝
    終わってみれば、1回もチャクラ出さなかった。

    景品の5パックでGENJIが当たりました(笑)


    GENJIが当たり、トリシューラーも当たり、いい日でした。
    来週からはサイキックマスターのエリア大会を目指して頑張ります。

    PS対応のGENJIビートを作ったのですが、どうなのだろう・・・


    では、
    また、春に会いましょう

2011/01/16/ 00:28 デッキ / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP  

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。